忍者ブログ
制作修行者のあまり制作の話ではない日記
[86] [84] [83] [82] [80] [74] [73] [72] [71] [69] [68]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ずっと「動機」という意味で使ってた。
動機ではなく、意欲という意味でも使えると、あまり考えてなかった。

いや、正確には、薄ぼんやりとは知ってた。
しかし、具体的にTVや読み物や周囲が乱発しているのがほとんど「意欲の大きさや程度」を示すものとして使ってたとは知らなかった。

なるほど。
だから、モチベーションが「上下」したり「保たないと(維持しないと)」いけなかったりするのか。

(自分の)行動の動機、根幹となる理念ではない、と知らずに
「モチベーションを保つために●●が必要!」
と唱える人を謎に思っていた自分が笑える。

分かりやすい例だと
「公演の予定がないとモチベーションが保てない」
という言葉。
これを、実はあまり理解できていなかった。
芝居が巧くなりたい<その成果を具体的に発表する場がほしい<そしてそれを評価されたい=公演ってこと?
そういう意味?
役者じゃないとよく分からない動機なのかな…

と、なんとなく、ふ~ん。そういうものなのか。って思ってた。

しかし、もし純粋に「意欲の程度」を示す言葉として使われているのだとしたら
本番を具体的に想定しないと、余暇を費やして打ち込み続ける事ができない、という意味なのか?
公演ありきの稽古なのか?
公演という目標がなければ、稽古に耐えられないのか?

そっちのほうが、まだ理解できた気がした。
最後のは、まぁ動機とも言える。


どちらにしろ、あたしは「助成金がとれた」とか「広報がうまくいった」とか「我ながら気に入る印刷物ができた」とかでないと満足感を味わえないので、目先のモチベーションを見つけるのが大変です。

制作としては大きく出てますが。
「P-nutsで一緒に芝居を創りたい」
と思われるような団体になるといいな~ってのが、モチベーションです。

…大きく出てますな。



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
るぅ
性別:
女性
趣味:
演劇
自己紹介:
演劇関係の制作をしています。

今年は「何かの企画を立てる」という事について、もっと勉強していこうと努力中です。
最新CM
[03/26 るぅ]
[03/25 梨香]
[12/03 るぅ]
[12/03 梨香]
[11/19 るぅ]
最新TB
カウンター